PC-BAR <Microsoft officeの通販ショップ>

  • ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

BLOG

2022/02/26 12:18


Office 2021 と Office 2019 の違いについて情報まとめ記事です。

Microsoft Officeは3年ごどに新しいバージョンを発売します。Office 2021は最新バージョンの永続ライセンスです。

最新バージョンであるため、前バージョンの Office 2019より改善された新機能があるのは当たり前です。

この記事でOffice 2021の 変更点をOffice 2019と比較しながら説明していきます。

Office 2021 と 2019 の変更点

Office 2021 と 2019 の変更点を、対応OS、サポート期間、アプリケーションの追加、追加された新機能に分けて紹介します。

対応OS

Windows 向けOffice 2021 と 2019 の対応OSの違いは表のとおりです。

製品名Office 2021Office 2019
Windows 10
Windows 11×

サポート期間

Office 2021のサポート期限に変更があります。

Office 2019では、メインストリームサポート5年と延長サポート2年と合計7年間のサポート期限となっていました。

Office 2021バージョンでは、延長サポートがなくなり、メインストリームサポート5年でサポートが終了するようになりました。


Office 2019Office 2021
発売日2018/09/242021/10/05
メインストリーム2023/10/102026年
延長サポート2025/10/14なし

含まれるアプリの 変更

Office 2019では、One Note が含まれないがOffice 2021にOne Noteを追加しています。

Office 2019Office 2021
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
OneNote×
Access
Publisher
Project
Visio

Office 2021 の新機能

Office 2021 では、共同編集のための新機能、インク ツール、データ型、関数、翻訳および編集ツール、モーション グラフィックスなど、さまざまな機能が追加されています。

Office 2021 の新機能については、Word、Excelなどに分けて、後程紹介します。

最後に

いかがでしょうか?

この記事では、Office 2021の変更点について紹介しました。

簡単にまとめると、Office 2021は、Windows 10/11に対応しており、サポート期間が5年間となっています。

従来の永続ライセンスのサポート期間より5年間短くなっています。

Office 2019に含まれていなかったOneNoteが追加されました。

価格については、変化がありません。

もちろん、Word、Excelなどに細かい便利な機能が追加されています。


Microsoft Office 2021 Pro plus
Microsoft Office Home & Business 2021 for Mac
Microsoft Office 2019 Pro plus

 

Recent Posts