PC-BAR <Microsoft officeの通販ショップ>

  • ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

BLOG

2022/02/26 12:18


Office 2021 と Office 2019 の違いについて情報まとめ記事です。

Microsoft Officeは3年ごどに新しいバージョンを発売します。Office 2021は最新バージョンの永続ライセンスです。

最新バージョンであるため、前バージョンの Office 2019より改善された新機能があるのは当たり前です。

この記事でOffice 2021の 変更点をOffice 2019と比較しながら説明していきます。

Office 2021とは

Microsoft Office には、Office 2019やOffice 2016のように永続使用可能な買い切り型と、Office 365のように1か月~1年更新のサブスクリプション型の2種類が存在しています。

買い切り型のOfficeでは同じバージョンのOfficeを使い続けられるのに対し、サブスクリプション型のOfficeでは最新機能がアップデートされていくので、常に最新版のOfficeを使用できるという違いが有ります。

Office 2021は、永続使用可能な買い切り型Officeの最新版となります。

Office 2021 と 2019 の変更点

Office 2021 と 2019 の変更点を、対応OS、サポート期間、アプリケーションの追加、追加された新機能に分けて紹介します。

対応OS

Windows 向けOffice 2021 と 2019 の対応OSの違いは表のとおりです。

製品名Office 2021Office 2019
Windows 10
Windows 11×

サポート期間

Office 2021のサポート期限に変更があります。

Office 2019では、メインストリームサポート5年と延長サポート2年と合計7年間のサポート期限となっていました。

Office 2021バージョンでは、延長サポートがなくなり、メインストリームサポート5年でサポートが終了するようになりました。


Office 2019Office 2021
発売日2018/09/242021/10/05
メインストリーム2023/10/102026年
延長サポート2025/10/14なし

Office 2021のサポート期限は?終了後の対処方法は?

含まれるアプリの 変更

Office 2019では、One Note が含まれないがOffice 2021にOne Noteを追加しています。

Office 2019Office 2021
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
OneNote×
Access
Publisher
Project
Visio

Office 2021 の新機能

もちろん、Office 2021は最新バージョンでありいくつかの新機能が追加されています。

Office 2021は、2021年10月現在のOffice 365の機能を多数取り入れた仕様となっており、Office 2019と比べて多数の機能が追加されています。
ここでは、Excel、Outlook、PowerPoint、そして各アプリケーション全般に採用された主な新機能を紹介いたします。

Excel

・XLOOKUP関数を追加(VLOOKUP関数の強化版)
・XMATCH関数を追加(MATCH関数の強化版)
・新関数を追加
 動的配列を行う関数「FILTER」「SORT」「SORTBY」「UNIQUE」「SEQUENCE」「RANDARRAY」
 計算結果や値に名前を付けて、他の数式内に格納可能にする「LET」関数

Excel 2021のXLOOKUP関数

Excel 2021のXLOOKUP関数

Outlook

・日本語を含む70以上の言語に対応の「翻訳ツール」を追加
・メールを任意の場所で検索可能な「クイック検索」を追加
・画面を読み上げる「スクリーン リーダー」に、必要に応じて要素を並べ替える機能を追加

PowerPoint

・発表者のビデオ、インク機能で加えた内容、レーザーポインターの挙動を記録可能な「スライドショーの記録」機能を追加
・書き込んだインクの内容を時系列で再生・停止可能な「インク ストリーク」機能を追加

PowerPoint 2021のインク ストリーク機能

PowerPoint 2021のインク ストリーク機能

アプリケーション全般

ここでは、ExcelやWordなど複数のアプリケーションで共通の新機能について紹介します。注目点は、Teamsなどでも実装されているリアルタイム共同編集モードの追加です。離れている間のファイル変更通知など、複数のメンバーによる共同編集が便利になりました。
ほかにも、以前の機能の改善や、Microsoft AccessやMicrosoft Visio向けの新機能、逆に廃止された機能もありますので、こちらを調べたい場合はMicrosoftの新機能紹介サイトをご覧ください。

Microsoft公式 Office 2021の新機能ページを見る

・OneDriveに保存されたファイルのリアルタイム共同編集が可能に
・ファイル内のテキストやコマンド、ヘルプなどを素早く検索可能な「Microsoft Search」の実装
・最新の「オフィス文書のためのオープン文書形式」であるOpenDocument 1.3に対応
・ファイルをOneDriveにアップロードすると、ファイル更新時に自動で保存する機能に対応
・アプリケーションの表示言語に以下の3言語を追加
 イギリス英語(en-gb)
 カナダフランス語(fr-ca)
 メキシコスペイン語(es-mx)

複数メンバーがファイルを同時に編集可能なリアルタイム共同編集機能

複数メンバーがファイルを同時に編集可能なリアルタイム共同編集機能

最後に

いかがでしょうか?

この記事では、Office 2021の変更点について紹介しました。

簡単にまとめると、Office 2021は、Windows 10/11に対応しており、サポート期間が5年間となっています。

従来の永続ライセンスのサポート期間より5年間短くなっています。

Office 2019に含まれていなかったOneNoteが追加されました。

価格については、変化がありません。

もちろん、Word、Excelなどに細かい便利な機能が追加されています。


Microsoft Office 2021 Pro plus
Microsoft Office Home & Business 2021 for Mac
Microsoft Office 2019 Pro plus

 

Recent Posts